バーコードリーダーで情報を読み取る

バーコードリーダーとは、情報が記載されているバーコードを読み取るための装置や機能を言います。会計をする時にレジで品物に付いているコードを端末に取り込む時の装置を見る機会が多いですが、同様にスマートフォンや携帯電話等の機種でも行えます。

バーコードリーダーを使うことで、相手先のメールアドレスが入ったメールソフトを起動させたり、サイトアドレスを読み込んで情報が入っているホームページに自動で繋げられたりが可能です。例えば広告やポスターにマークが付加されていれば、商品やメーカーの情報が記載されたサイトに接続されますし、問い合わせの場合はメールソフトが開いて質問できるでしょう。利用者の手を煩わすことなくスムーズに行えます。携帯端末でバーコードリーダーを使うには、様々な方法があります。

所定の読み取り機能を搭載している端末であればコード部分に機種端末のマークが付いている部分をかざすだけで簡単に読み取れることが多いです。カメラを接写モードにして、写真撮影をするだけで機能する場合もあります。近年では外国製の端末が増えていて、国内の読み取り用の規格に対応していない場合が多くなってきました。

バーコードリーダーの機能が搭載されていないスマートフォンの場合は、アプリを導入すると読み込みが可能になります。無料で使えるタイプが多く、カメラと連動させて使えます。アプリを起動させるとカメラが自動的に利用可能になり、対象のマークにピントを合わせて写すことでブラウザやメーラーが起動するタイプがほとんどです。高速で読み取りが可能なタイプや精度が高くエラーが出にくいタイプなどがあり、好みや重視する特色を考えて選べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *