バーコードリーダーの機能について

バーコードリーダーは白黒の線になっているバーコードを読み取るための装置です。

バーコードを見ても、そこに何が記載してあるのか分かりません。情報を白線と黒線に格納してあるのがバーコードであり、これを読み取って情報を画面上に表示するのがバーコードリーダーの役割になります。しかし、情報を読み取るだけでは特別な機能とは言えませんし、何に使えば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。受発注の中では必ず注文書と納品書と呼ぶ書類が添付される事になります。

この書類にバーコードを付けておく、納品もしくは出荷する荷物にもバーコードを付けておくと2つが正しいのか、それとも間違っているのかを簡単にバーコードリーダーが教えてくれます。最初に納品書もしくは注文書のコードを読み取り、次に商品のコードを読み取ります。仮に、2つが正解であれば正解音が鳴る、間違っている場合はエラー音が鳴るなどの機能がバーコードリーダーに付いているため、音で正解もしくは不正解を確認出来るメリットを持ちます。この場合は1対1の読み取りになりますが。

1対Nの読み取りを利用した場合、複数の商品のコードをまとめて読む事が出来るようになります。例えば、納品書に記載してある数字が100個ある時、書品のコードと数字のコードをそれぞれ読み取ってから、書品に付いているコードを順番に読み取りします。最後に合計数を確認すれば正しい品物が100個納品された確認が出来るようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *