バーコードリーダーは様々な分野で活用されています

スーパーなどではレジシステムにPOSレジを採用しているケースが増えていますし、小売りを行うお店などもPOSレジシステムを導入し、各店舗の売り上げ状況をリアルタイムに把握する、在庫管理や発注システムとの連携により過剰在庫を持たなくするなど、様々なメリットに繋がっています。

POSレジシステムに欠かせないのがバーコードとコードを読み取るためのバーコードリーダーです。スーパーなどのシステムの場合、商品に付いているバーコードをスキャナーで読み取ると、商品データベース内で情報を検索して価格をレシートに印字させるなどの仕組みを持つ構成になっていますが、スキャナーはいわゆるバーコードリーダーで、バーコードをかざすだけで瞬時にコードを読み取れるようになっています。

物流の中でもバーコードリーダーは必須アイテムになっており、注文書と商品の品番を目視で確認するのではなく、バーコードを読み取る事で読み間違いのミスを防止する事が可能になります。2つを比較出来るのもバーコードリーダーのメリット、バーコード照合は目視での読み違いをゼロにするメリットを持っています。

他にも、秤量器にバーコードリーダーを接続すると、その都度部品番号を入力する事なく、部品の1個当たりの重さから数量を計算出来るようになります。特に、英数字が長い文字列は読み間違いが起こりやすい、入力する時にもミスが生じやすくなりますが、バーコードを使えばミス防止や工数削減に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *