バーコードリーダーは目視のミスを予防します

バーコードは白と黒の線で構成が行われているもので、数字と英字を含める事が出来るようになっています。

白と黒の線は太さが異なるのが特徴です。ちなみに、バーコードを見た時に、太さが異なる黒い線が並んでいる、並びは均等ではなく間隔が広い部分もあれば狭い部分もあるかと思われますが、黒線との間にある空白部分が白線で、黒と白2つの異なる太さが情報を持つものになっているのが特徴です。バーコードは人間が見ただけでは何が書いてあるのかを知る事は出来ませんが、バーコードリーダーを使えば簡単に情報を読み取る事が出来るようになります。

バーコードリーダーはいわゆるバーコードを読み取るための装置ですが、目視ではミスが起こりやすい数字や英字の並びのチェックも瞬時に分かるようになっています。商品に付いている番号が「123456789」、伝票に付いている番号が「123465789」の場合、ぱっと見ただけでは同じ文字列に見えてしまいます。

この場合は「56」と「65」の違いがあるわけですが、文字列が長くなればなるほど比較する事は容易に行えなくなりますし、ぱっと見ただけでは正しいのか否かを確認する事も困難です。じっくりと時間を掛ければミスの防止も可能ではありますが作業工数を減らすためには目視での検査は難しいわけです。バーコードリーダーには2つの文字列が正しいのか否かを比較する照合機能が付いているので、2つのバーコードを読み取れば簡単に間違いを見つける事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *