QRリーダーを便利にするための道具

QRリーダーを知るにはQRコードを知っておくといいでしょう。

これは1994年にデンソーが作ったものでマトリックス2次元コードとも呼ばれています。高速で読み取りができるものでちょうどバーコードのような使い方が出来るのが特徴です。今はスマートフォンの普及により本体にQRリーダーが内蔵され、多くの場所で使われている優れたものとなっています。バーコードは白と黒の2種類で構成されモザイクのような見た目が特徴です。隅に四角いマークが付属して数字だけでなく英字や漢字といった情報を格納できます。容量ですが数字のみだと最大で7089文字で英字なら4296文字、バイナリなら2953バイトで漢字やかななら1817文字まで可能です。

ORリーダーを使うと情報を読み取る事ができるので使い勝手が良く雑誌でも採用されています。例えばファッションブランドやメーカーのホームページにアクセスするときにQRコードを使っているのが特徴です。いちいちアドレスを入力しなくてもスマートフォンのカメラで読み取りアクセスできます。本体はハンドタイプのものが用意されていて、手で持ちそのまま読み取りが可能です。また最近のものだとQRコードだけでなくバーコードの読み取りも行えます。

機能的なものだとLEDライト搭載で暗い場所でも読み取りが可能仕事効率もアップできるのが魅力です。読み込み位置は確認レーザーが照射されるのわかりやすく使いやすいのも特徴となっています。QRリーダーを導入すれば仕事も楽になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *