QRリーダーの利点と種類

二次元バーコード、すなわちQRコードは大変有用なツールです。

元々ホームページのURLに携帯電話から簡単にアクセスできる手段として用いられていましたが、昨今スマートフォン等の普及に伴い、ユーザーの認証情報としても利用されるようになっています。コンビニの端末でのチケット印刷等に使用したことがある方も多いのではないでしょうか。

さて、QRコードを読み込むには、当然QRリーダーが必要になります。個人が雑誌のコードをスキャンするにはスマートフォンのカメラで十分なのですが、店舗の端末となると話が違ってきます。スマートフォンのカメラでは読み取り制度は良好とはいえないため、スキャン速度が遅かったり、傷のついたQRコードが読み込めないといったことが起こりえます。そして何より画面に映ったQRコードを読み込むのが難しいという問題があります。専用のQRリーダーは、一般的なカメラとしは使えないかわりに、精度が優れていたり、ライト機能を持つことで、液晶画面のスキャンにも対応しています。

読み取り速度に関しては1秒以下で、本当に一瞬で読むことができるリーダーも多いため、利用者側がストレスを感じることは少なくなり、サービスそのもののイメージ向上にもつながります。QRリーダーは大きく分けて、一般的なバーコードスキャナーと同様のハンディタイプと、据え置きタイプの2種類があります。実際の使用する環境にあわせて選ぶ必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *