QRリーダーのメリットとデメリットについて

情報化社会が進んだことによって、様々なものが情報によってやりとりされる時代になっています。

QRリーダーもその一つです。QRリーダーは、QRコードと呼ばれる、情報を暗号化した記号のようなものを読み取るための機能のことで、このQRコードは現在世の中に非常に多く溢れています。これを読み取ることで簡単にURLを表示し、それに関するページにとぶことが出来ます。スマートフォンなどの携帯端末のQRリーダーアプリも多く発表されており、QRコードはその流れに乗っかり非常に多くの場面で活用されています。テレビ画面などにも映し出されるなど、自由度が高く使いやすいということが利点です。

しかし、このようなメリットばかりではなく、デメリットも存在します。QRコードはそもそも、携帯を持っている人限定のようなものです。誰でも有効活用できるものではなく、携帯端末を持っている人にしか読み取ることはできないからです。しかし、QRリーダーを持っていることが前提のようなサービスが近年増えています。携帯を持つか否かは個人の自由であるにも関わらず、そういった人たちが少し過ごしづらい情報化社会になっているのです。

このように、情報化社会によって便利になることは大切ですが、不便になっている人がいるということもしっかりと把握しておくことが必要です。そういったことを理解するだけでも、社会はさらに人々のために使いやすいように進化していくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *