店舗とアプリを繋げる

店舗とアプリを繋げて利便性を上げることができます。

店舗に行って在庫がないことがあり無駄足になったことがある人は多いです。このようなことが起こらないようにリアルタイムで在庫確認ができるアプリが必要です。在庫確認がない場合アプリ上で通販を行うことができ簡単に自宅に郵送できるサービスを展開します。

人気がでて利用者が増えるはずです。メディアや、若者に取り上げられると一気に広まるので彼らをターゲットとしたほうが良いです。紙の広告を見る人が少なくなっています。アプリ上でセールなどの通知を行うことで紙の広告を出す必要がありません。

広告費が無くなり、店舗にメリットがあります。クーポンコードなどのサービスを行うことで多くの人を集客できます。来店していただくことで購入してもらえます。お客様も安く買え店舗でも儲かるといったメリットがあります。人工知能が発達しているので、これを活用しお客様の好みがわかるようにします。

アプリ上で体形や好きな色を登録し、服屋で採寸や試着をすることなくサイズが合うかどうかわかるといったこともできます。お客の情報をもとに気に入られる商品を店員が間違うことなく勧めることが可能となります。

通販では試着ができないので失敗することも多々ありますがこれを使うことによってぴったりの商品が着ます。お客も失敗したと感じることが無くなります。最先端の技術や能力を使うことによって注目されるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *