店舗への集客にアプリを活用

店舗への集客を図りたいという場合、アプリを活用するという方法があります。

応用はいろいろありますが、基本的な方法としては別に難しいことではありません。例えば、店舗への集客を図りたい顧客に対して、実際に店舗に来店してくれれば割引をするとか、何らかのギフトを配るというようなクーポンのついたアプリを配信するようなことが考えられます。

アプリでは単に広告を表示させているだけというような人は、ぜひともこのような集客方法を検討してみてください。要は単純に広告を表示させて、何か気に入ったものがあれば、あるいは何か欲しいと思うものがあれば来店してくださいというのではなく、もっと積極的に来店を誘引するという方法です。

もちろんこれはそれなりの販促費の投下が必要なことは間違いありません。割引をするにせよギフトを配るにせよそれだけ費用がかかることは事実だからです。ですが、おそらくは広告を出すだけでも費用はかかることでしょう。

重要なのはいかに安く済ませるかではなく、費用対効果を最大にすることのはずです。ですから、多少は販促費が必要になったとしても、それだけ来店客数が増え、店舗での販売数量や売上高がアップするのであれば問題はないはずです。

もし、より優良な顧客に対して差別化を図りたいのであればそれも別に難しいことではありません。何らかの基準で優良な顧客と判断した人に対してだけ例えば割引率をアップするようなクーポンとする方法が考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *