店舗集客のためにアプリを使う

全国にどれだけのお店があると思いますか。

とても数えきれないくらいのお店がありますよね。その中で自社の商品を販売店舗にお客さんをたくさん集めたいときどうしていますか。おそらくどこのお店でもインターネット上や新聞の折り込みチラシなどで広告しているのではないかと思われます。

規模が大きい企業さんになるとテレビ局のスポンサーとなってテレビCMを流したりしているのではないでしょうか。しかしこれらの広告方法では、とてもたくさんのお金が必要になってきます。

あまりお金をかけないで店舗販売のお店に沢山の集客を集めるにはどのようなことをすればいいのでしょうか。そうなったときに出てくるのは、アプリです。アプリはあまり凝ったものを作らなければあまりお金が掛かりません。同業者の人と協力してどの店舗でどのような商品を扱っているのかすぐに調べられるようなアプリを開発すればいいのです。

そうすればお客さんはここのお店に行けば必ずこの商品があるということがわかるので、迷わず自社に集客することが出来ます。このような集客することのできるアプリは、数百万円あれば制作会社さんに依頼して作ってもらうことが出来ます。

例えば毎月広告に20万円使っているお店があったとします。そうすると年間で240万円広告費につかっていることになります。それがアプリ他社と協力して開発すれば開発費が300万円だったとすると2社で作れば一社当たり150万円です。

そうなると最初の年で開発費の元を取ってしまう事が可能です。次の年からは維持費が少ししか費用が掛からないので企業にとってはメリットしかないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *