パーソナライズについて

現在は個性が認められやすい社会となり、様々なその人の人生で培われた考えや意見を持っています。

そこでインターネット等を通じてユーザーの情報を取得して分析して、その上でその人に合った商品・サービス・広告を紹介することをパーソナライズといいます。パーソナライズによって、ユーザーは自分にあった商品・サービス・広告を集中的に触れることができ、他方、その商品・サービス・広告を紹介する方はそれにより商品をユーザーが購入、または、サービスの利用により利益を受けます。現在はインターネット社会で今まで以上にユーザーに合った商品・サービス・広告を行わないと情報が溢れている今日ではユーザーの心を掴みにくく、この場合に、ユーザーの心を緻密に分析することにより把握して掴むことがパーソナライズです。

この様にユーザーの心を掴むためにはノウハウや技術が必要ですが、これらを業としている企業がいますので、自社ですべてを行う必要はなく、他社に任せることも可能です。オムニチャネルと言う言葉がありますが、これはチャネルを連携させることによって、ユーザーに安心感を与え、自社の販売する機会ロスを少なくする等により自社の利益を向上させる試みですが、オムニチャネルのチャネルを連携させる場合にパーソナライズを組み合わせることによって、より強くユーザーの心を掴み多くの利益を上げることが期待できます。パーソナライズは、これから国と国の境が曖昧になっており市場が日本のみにとどまらない今日において、多くの人を分析しますので経済的に大きな利益が期待されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *